TRONの最近のブログ記事

18万漢字を扱えるWindowsアプリケーション版「超漢字」発売--パーソナルメディア - CNET Japan

 パーソナルメディアは9月20日、Windows上でアプリケーションとして稼働する「超漢字V」を10月27日に発売すると発表した。

最初混乱したが、VMware Player上に構築したBTRON OSをセットで販売する模様。Windows上でLinux動かすのと全く同じで特別なことは何もない。やたらと安くなっているのはソフトの値段が全体的に落ちていることと、間口を広げるためだろうか。

ちなみに、階層ディレクトリになれていると実身化身モデルにすごい違和感を感じると思う。HTMLと同様、ファイルからファイルのリンクのみで構成されるが、ディレクトリが存在せず(それっぽく見えるアプリもあるけど)、すべてリンクをたどってアクセスする形になる。

ITmedia ライフスタイル:トヨタの“未来住宅”は先端技術てんこ盛り

トヨタ自動車とトヨタホームは、愛知県長久手町にある「トヨタ博物館」の向かいに“約10年後の近未来の生活”を提案する実験住宅「トヨタ夢の住宅PAPI」(パピ)を建設した。「愛・地球博」の開催に合わせ、2005年3月25日より一般公開する。

電脳住宅がよみがえった。興味はあるが、わざわざそのためだけに愛知万博に行くのは辛い。そもそも万博の類には一度も行ったことがない。

ニュースリリース
トヨタ夢の住宅 PAPI

ITmediaニュース:DNS専門家が指摘するAkamaiの“弱点”

Akamaiのサイト障害は同社のDNSサーバを狙ったDDoS攻撃が原因だったが、DNSの専門家はグローバルDNSサーバはこの種の攻撃の影響を受けないと主張。さらにAkamaiのアプローチの弱点を指摘した。

この話を読んでいて、TRONプロジェクトで言うところの設計分散の重要性について改めて考えた。特にインターネット技術の仕様は公開されているため、プラットフォームや実装の異なるソフトウェアを作ることが容易である。多重化が必要となる重要なシステムは、記事の最後にあるように多様性を持たせる必要があるのではないか。

狂牛病などにより、トレーサビリティの重要性が叫ばれることが多くなってきたが、青果物についても残留農薬などの問題から同様に注目されている。そんなこともあってか、8日より青果物に対するトレーサビリティシステムの実験が開始されたとのこと。このタグとの突き合わせにより、サーバに登録された農薬や肥料についての情報を調べることができるらしい。

以前から指摘されていたことだが、人名などに使われる漢字全てが電子媒体で表現できるわけではない。コンピュータは文字コードに存在しない漢字は表示することができない。特に様々な情報がWeb等に乗るようになると、いわゆる「外字」は使用できない。文字はフォントをPC側に登録しておくことで表示が可能となるが、外字に関してはその文章を見るPC全てに登録されているわけではなく、また外字に使用できる文字コードの数も限られているため、根本的な解決にはならない。

この2,3年、Web上でSMAPの草なぎ剛氏の名前を見かける機会が増え、本文に「草なぎ剛」または「草●剛」等と書いた直後、または備考?に(「なぎ」は弓へんにつくりは「前」の下に「刀」)と言った説明が入るのを見ると、頭では分かっていても感情的に不愉快な気分になってしまう。文字コードのこと等意識しない一般のPCユーザはどう思うのだろう。

広まりつつあるUNICODEにしても、同じような形の文字をまとめて16bitコードにまとめているため、やはり全ての文字を表現することはできない。TRONコードでも使えればいいが、Windows全盛の世の中では実際問題として難しいだろう。

時代は変わった

| コメント(0) | トラックバック(0)

最近は仕事が忙しかったりして行っていなかったが、今年もTRONSHOW開かれている。以前は人目を引かず、規模も縮小傾向だったが、最近は物作りに注目が集まっていることもあってか、あちこちで取り上げられることが多くなった。

坂村さんが言っているように、TRONプロジェクトの前期は、海外のものが優れていると考える現代日本人気質に苦しめられた。TRONプロジェクトの先進的なコンピュータ社会に心ときめかせつつも、それを認めようとしない日本人の行動をリアルタイムで見てきた僕には、「もっと早く目を向けてくれれば」と思わずにはいられない。

日本人は戦争に敗れた経験からか、日本の優れた部分を認めない部分が長く続いたと思う。自分の価値観を重視する最近人が注目する和楽器や歌舞伎などの伝統芸能も、長いこと片隅に追いやられていたが、技術の世界、特に新しい技術であるコンピュータの世界でも同じ事が行われていたようだ。

時代は変わった。しかし、Windowsに完全に席巻された今となっては、TRONプロジェクトにより生み出されたパソコンOS「BTRON」が広く使われる事はもはや無いだろう。

T-Cube発表

| コメント(0) | トラックバック(0)

パーソナルメディアが、T-Engine応用製品向けの超小型プロトタイプ「T-Cube」の開発に成功と発表。5cm角のこの装置にディスプレイ、キーボードなどをつなげるとパソコンとして使えるとのこと。TiPO無き今、この技術で是非PADを作って欲しい。細かい仕様についてはこちら
20031211.jpg

最近は、車の部品の共用化が進んだことによりリコールが増えているそうだ。今までは社内だけであったが、再編や提携の進む自動車業界では、これから更に増えていくことが予想される。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.0.3

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちTRONカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはSportsです。

次のカテゴリはTV and Movieです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。