Nationalの最近のブログ記事

津波の来襲によって、海水ポンプが損傷し、非常用ディーゼル発電機が機能を喪失。原子炉建屋内の機器の損傷や、全電源喪失などの結果、防波堤(海面から高さ13メートルと仮定)がない場合は7メートル以上、ある場合でも15メートル以上の津波が来た場合、ほぼ100%の確率で炉心損傷まで至ると解析した。

これ、調べたらヨミウリオンラインで4月に報じられていた模様。

「電源喪失で容器破損」東電報告書検討せず : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

記事の中で触れられている原子力安全基盤機構の報告書はこれかな?

地震に係る確率論的安全評価手法の改良 =BWRの事故シーケンスの試解析= (PDF)

ハザードマップを手に通学路の危険な場所を点検する片田敏孝・群馬大学教授と子供たち=岩手県釜石市 クリックして拡大する ハザードマップを手に通学路の危険な場所を点検する片田敏孝・群馬大学教授と子供たち=岩手県釜石市  津波から、自分の命を守り抜いた子供たちがいる。岩手県釜石市立の14の小中学校全校は、校内にいた児童生徒約3千人全員が無事。掛け替えのない命を救った独特の防災教育に注目したい。

いわゆる守・破・離的なことを内包している気がする。しかし、避難に関する基本的な知識を学ばせた上でそれを捨てさせるとか、なかなかできるものではない。普通の組織なら避難誘導の手順通りに行動することを求めるだろう。

後やはりこれがすごい。

「必死で逃げる姿」が周囲への最大の警告になるからだ。

要点まとめ

  • 想定を信じるな
  • その状況下で最善の避難行動をとること
  • 率先避難者たれ
新しくJALに入社する若者たちを支配するルールは一目瞭然だ。
他人と同じことをして、けっして目立たないこと。
彼ら/彼女たちは、このネガティブゲームの掟を学校という伽藍空間で身につけた。「会社」という新たな伽藍空間に入っていくに際して、同じ掟に従うのは当たり前なのだ。
ここに、今の日本を覆う閉塞感の正体がある。

ここ数年、新入社員らしき人が同じような姿格好をしているのが非常に気になるのだが、学校の延長線上にいるのか。何というか、スーパーやコンビニに並ぶ、整った形をした野菜のような違和感を感じていた。

だいぶ前の新聞で、今の学生は制服を好むとあったが、当時言われていた「制服がかわいい」という理由が、今は「目立ちたくない」というものに変わっているのかもしれない。

何の冗談だろう

| コメント(0) | トラックバック(0)
 郵便不正を巡る証拠品のフロッピーディスク(FD)改ざんに関連する犯人隠避事件で、大阪地検特捜部の前副部長・佐賀元明容疑者(49)(逮捕)が取り調べの全過程について録音・録画を求めているとして、佐賀容疑者の弁護人に選任された秋田真志弁護士(大阪弁護士会所属)は4日、最高検に「取り調べ可視化」を申し入れる文書を送付した。

可視化に反対の立場の人が、調べられる側になってこういう事を言い出すのは滑稽だな。

1 名前: 韓国人(千葉県):2010/10/02(土) 20:08:21.20 ID:X/C060gb0 ?PLT China accused of invading disputed islands - CNN.com(本文略) http://edition.cnn.com/2010/WORLD/asiapcf/10/02/japan.anti.china.protest/index.html

TVはほとんど見ないが、NHKニュースなどでも扱わなかったことを見ると、政府からの働きかけがあるのではないかと勘ぐられてもおかしくないかな〜

正直なところ、民主党政権の情けなさは醒めた目で見ることしかできないのだが、このままでは不利な立場に追い込まれるばかりなので、もうちょっとましな対応をしてもらわないと困る。

(追記 2010/10/2)

 主催したのは08年10月、懸賞論文で政府見解と異なる歴史認識を展開して更迭された田母神俊雄(Toshio Tamogami)前航空幕僚長が会長を務める右派系の全国ネットワーク。

首謀者はこの人か。であればデモに対する評価も変わるな。ただ黙殺というのは別の問題があると思うが。

 鳩山首相が米国と地元自治体、与党の同意を得て決着させる、と公約した「5月末」まで1か月余りで政府は「八方ふさがり」に陥った。厳しい首相責任論が強まるのは避けられない情勢だ。

日米合意を覆した段階から思っていたとおりの展開になってきてうれしくない。今後のことが全く予想できない状況になりつつあるが、果たしてどうなってしまうのだろうか。

たとえ倫理的に適切な「環境」が与えられたとしても、ある種の倫理観は、決して自然には育(はぐく)まれないのだ。大人たちが意識的にそれを子供に伝えようとしない限り、そうした倫理の伝統は容易に失われてしまうだろう。
 そのような「倫理観」には、例えば次のようなものが含まれるはずだ。「人を差別してはいけない」「暴力を振るってはいけない」、そして「表現の自由は尊重されなければならない」など。

埼京線の監視カメラの件といい、世の中の全体の流れとして何らかの仕組みを作れば安心という面はあると思う。

以前いた会社の製品開発部門がそれらを他の部署に持って行かれて、SE的な仕事に切り替わる際、「高い技術を持っている部門だから期待している」的なお偉いさんの話があったとき、「製品開発を行っていたメンバーが残っている今だけの話なんだけどな~」と冷めた思いを抱いたことを思い出す。

人間らしく生きるために人が知らなければならないことを、次の世代に伝えることが非常に軽視されている現状では、ますます住みにくい国になっていくことは避けられないのではないか。

 パチンコ・パチスロ機の企画・販売を手がけるフィールズ(東京)は17日、「ウルトラマン」シリーズで知られる円谷プロダクション(東京)を4月に子会社化すると発表した。「日本の宝というべき知的財産を積極活用する」とし、ウルトラマンのパチンコ機の企画などを検討する。

他に買ってくれるところ無かったのだろうか。これは株を買った会社以外誰も喜ばない。

メトロ側は、都営地下鉄との統合が実現すれば、都内の地下鉄を一元的に運行することによるサービス向上や、業務の効率化によるコスト削減が可能になると見ている。

今はSuica等があるから切符関係は気にならないが、乗り換えで料金が上がるのが無くなるだけでも今よりよくなりそう。ただ乗り換え駅の改修費用は結構掛かるのではないだろうか。

判決は、陪審員の守秘義務を定めた法廷侮辱法違反にあたるとして有罪とした。タイムズ側は「報道の自由」を掲げて無罪を主張したが、裁判官は「陪審員が自信を持って考えを表明できるのは、発言内容が外に漏れないとの理解があるからだ」として受け入れなかった。

日本の場合、報道に乗るより先にブログ、Twitter、2ちゃんねるなどのネット媒体に書き込む人が出る気がする。

National: 月別アーカイブ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.0.3

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちNationalカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはMovable Typeです。

次のカテゴリはParagliderです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。