2010年4月アーカイブ

遊びにも行かず部屋の整理を実施。パソコン関係のユーザサポート登録の資料を捨てていたら、PC-9801 RA21の領収書を発見。本体価格が約33万円だったのだが、今回買ったフルスペックのiMacが約34万円であることを考えると、単価あたりのパソコンの性能向上は予想以上といえる。自作機を使わずメーカー製品ばかり買っているが、毎回払っている金額はほとんど変わっていない気がするな。

後、パソコンとは全く関係ない黒歴史的な資料も発見。美術品の展覧会には要注意と。

iMac設定中

| コメント(0) | トラックバック(0)

27インチiMacが入った巨大な段ボール箱を自室がある2階に運び上げるだけで体力を消耗してしまった感じがしたが、とりあえず色々と設定中。正直Macを触るのはほぼ初めて(大昔68系Macをちょっと触っただけ)なので、先日購入したiMac関連書籍を見つつ試行錯誤している。

わからないことだらけだが、久しぶりにUn*x、Windows以外のOSを触るのは新鮮でもある。OSX自体がUn*x系OSにガワを乗せている感じなので、その辺の微妙さを感じつつもうまく使っていきたいところ。

ものが大きいため、現在のPCとともに机上に置くことができず、床で作業している様子は、デスノートの(最初期の)Lっぽいが、床にキーボードを置くのはつかれる上に打ちにくい。

ちなみにスペックは、CPU:Core i7 2.8GHz、メモリ:16Gbyte、ディスク:2Tbyteと、ハードウェア的には上限にして長く持たせるといういつものパターン。

読者から届いたタレコミによると、Appleは小売店に対して、Apple製品を取り扱うためには小売店がAppleと「Authorized Japan Apple Reseller契約(AAR契約)」を締結する必要があるという新制度を4月から導入したそうです。

iPhoneアプリ開発規約変更といい、最近のappleは閉鎖的な態度が気になる。先日ついにiMacをApple Storeで注文してしまったのだが、今後が不安になる出来事が続くな~

鳩山政権への不信感を募らせるオバマ米政権が、協議内容の漏洩(ろうえい)に厳重抗議する一方、5月末決着に向けて追い込まれた鳩山政権は、責任回避のため首脳会談の記録を残していなかったことが、日米当局者らの話でそれぞれ明らかになった。

いつまで野党気分が抜けないのだろう。あまりにも無責任すぎる。

ドイツ連邦プライバシーデータ保護官であるPeter Schaar氏はこの事実を発見した際に「ぞっとした」としており、現時点ではまだGoogleはこれらの収集したデータをGoogleマップで表示はしていないものの、「無線LANマップを表示するサービスを今年度末までには開始したい」という旨をGoogleは希望しているそうです。

さすがGoogle、プライバシー概念のかけらもない感じ。FONのように無線LANを共用利用したい者同士が使う分には勝手にやってという感じだが、そう言う前提無しに情報をばらまくのはどうかと思う。また位置情報と結びつけられることにより、あるWebサービスにアクセスした人がどこに住んでいるかといった情報まで筒抜けになってしまいかねない。

プレミアム会員を継続されている期間に応じて保存容量が大きくなり、登録した月は8GB、 翌月は9GB、翌々月は10GB...と増加していきます。例えば プレミアム会員のサービスをスタートした時からの会員の方であれば、 保存容量は8GBから約40GBになっています!

大量の動画をアップしている人には、プレミアム会員を選ぶモチベーションになるのかな?

ちなみに自分のアカウントでチェックしたら残容量は39Gbyteだった。動画投稿はしたことが無いのだが、プレミアム会員がスタートしたのと同じタイミングで、ニコモバの不具合がらみで色々やりとりをしていた分、少なくなっている模様。

以前、空撮していた頃にニコ動があれば、動画をアップしていたのだろうか。>自分

Evernoteクライアントにおいて、大きなフォントの表示が汚いことに耐えかねて、X301(Windows XP)へのメイリオ導入に挑戦。以前、メインPCに入れたときは行間の広さや表示品質に全く納得いかず、導入を断念したのだが、今回調べてみると設定をMSゴシック風に変更した改造版があるみたいなので、再挑戦してみた。

 鳩山首相が米国と地元自治体、与党の同意を得て決着させる、と公約した「5月末」まで1か月余りで政府は「八方ふさがり」に陥った。厳しい首相責任論が強まるのは避けられない情勢だ。

日米合意を覆した段階から思っていたとおりの展開になってきてうれしくない。今後のことが全く予想できない状況になりつつあるが、果たしてどうなってしまうのだろうか。

たとえ倫理的に適切な「環境」が与えられたとしても、ある種の倫理観は、決して自然には育(はぐく)まれないのだ。大人たちが意識的にそれを子供に伝えようとしない限り、そうした倫理の伝統は容易に失われてしまうだろう。
 そのような「倫理観」には、例えば次のようなものが含まれるはずだ。「人を差別してはいけない」「暴力を振るってはいけない」、そして「表現の自由は尊重されなければならない」など。

埼京線の監視カメラの件といい、世の中の全体の流れとして何らかの仕組みを作れば安心という面はあると思う。

以前いた会社の製品開発部門がそれらを他の部署に持って行かれて、SE的な仕事に切り替わる際、「高い技術を持っている部門だから期待している」的なお偉いさんの話があったとき、「製品開発を行っていたメンバーが残っている今だけの話なんだけどな~」と冷めた思いを抱いたことを思い出す。

人間らしく生きるために人が知らなければならないことを、次の世代に伝えることが非常に軽視されている現状では、ますます住みにくい国になっていくことは避けられないのではないか。

Webクリップ用途として使い始めたEvernoteだが、もっぱらWebインタフェースばかり使っている。少なくともWindows版のクライアントは重すぎる上、メモリ使用量が過大だ。タスクマネージャを見ていると600Mbyteくらいメモリを使っている気がする。C#とかで組んであるのだろうか。

常時メモリ使用量の多いうちのパソコンでは、常駐させておくのは厳しい気がするな。

前々から興味のあったEvernoteをようやく利用開始。ブラウザのタブいっぱいにページを開いたまま閉じられない状態を解決すべく、片っ端からクリップしていっているが、中々いい感じ。

ずっとLotus Notes的にPCとサーバで同期できるシステムが欲しかったものの、一つのシステムにロックアウトインされてしまうのに抵抗を感じていたのだが、同様なシステムをレンタルサーバに作るのは難しいため、当面はこれで試してみるかな~

ちなみに、作成したノートブック間でクリップしたノートが勝手に移動する気がするのだが、これはバグだろうか?

先日、窓の手を入れてちょっと設定をいじってからか、Safariを起動しているとパソコンに恐ろしく負荷が掛かって、動画閲覧にも支障が出るようになってしまった。

それ以前の問題として、新規ウィンドウを開いてタブバーにそれが追加されるときや、デスクトップ上にあるアイコンの再描画の動作がものすごく遅くなった。また、タスクマネージャを開いているときのCPU使用率が恐ろしく高くなり、プロセス一覧のカレント行が点滅するなど、明らかにおかしな動作になってしまった。

このためSafariの利用を断念してGoogle Chromeにチェンジ。Chromeはメモリ食いなので、X301でFirefoxによりWeb閲覧しつつ、動画はメインPCのGoogle Chromeで見るという何とも不便な状態に。ということで、またまたiMacに切り替える気持ちが復活中。ビックカメラでCTOしてもらうかな~

普通、Webサーバで動作するCGIの類は、拡張子で何のスクリプトかが判定されると思うが、WSGIの場合、単に「~.wsgi」と呼び出しても動作せず、スクリプトの中身が表示されてしまう。かといってhttpd.confに記述するためのハンドラ指定もないため、どうすればいいのだろうとしばらく途方に暮れてしまった。まさかエイリアスでスクリプトにマッピングするとは。

Alias /moin /~/moin.wsgi

httpd.confにて上記のように指定した後、「http://~/moin/」と呼び出すと、moin.wsgiが実行される。

分かってみれば大したこともなく、FastCGI等に比べれば格段に簡単ではあるが、まだまだ知らないことはたくさんありそうな予感。

 本改定では、「さくらのレンタルサーバ」「さくらのメールボックス」のディ スク容量をこれまでの容量の2~4倍に増強し、「さくらのレンタルサーバ」 「さくらのマネージドサーバ」に、コントロールパネル上からCMSやブログなど のアプケーションを簡単にインストールできる「クイックインストール機能」 を追加いたします。

個人的にはCPU交換などにより、サーバのパフォーマンスを上げて欲しいところ。以前、OSバージョンアップでPentium4サーバのパフォーマンスが悪化した際、CPUを順次Core 2 Duoに置換していったように、Pentium Mサーバについても変えてくれればいいのだが。

何か不安定

| コメント(0) | トラックバック(0)

FC2-VPSにてMTのFastCGI動作確認を行っているのだが、確かに編集画面のレスポンスはよくなる。ただサイドメニューの展開がおかしくなる場合があったりと、何となく不安定な印象がある。まだちょっとしか使っていないので、引き続きテスト続行。

ちなみに、FastCGI以前にFC2-VPS自体の安定性にも疑問を感じる。帰宅してからサーバをいじりだしてから2回もサーバが落ちるというのは、ちょっとどうだろうと思わざるを得ない。ImageMagickのテストにおいてCPU使用率600%越えした件といい、VPSという技術そのものの不安を払拭できるだろうか。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.0.3

このアーカイブについて

このページには、2010年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年3月です。

次のアーカイブは2010年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。