Safari for Windowsのproxy.pacに注意

| コメント(0) | トラックバック(0)

IEと同様、普通にディスクに置いて「file://c:~\proxy.pac」みたいに指定すると見てくれず、直接つなぎに行ってしまう模様。PC上でWebサーバ上げている場合は、「http://localhost/proxy.pac」とすれば逃げられるが、そうでない人はレンタルサーバかどこかに置いてそれを指定する必要があるかも?

元々UNIX系OSであるMac OSX育ちと言うことから予想は付いたけど、知らないとはまりそうだ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://orima.jp/mt/mt-tb.cgi/5375

コメントする

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.0.3

このブログ記事について

このページは、orimaが2008年11月16日 04:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「さくらのレンタルサーバ仕様変更」です。

次のブログ記事は「NicoCacheとオミトロンをシンプルに両立」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。