さくらのレンタルサーバへのCPANモジュールインストール

| コメント(0) | トラックバック(0)

InsipidのsnapshotがUTF-8なページで動かない件についてまた調べたところ、どうもサーバにインストールされているPerlモジュールが古いことに影響されている気がした(というかモジュールをのぞいたら古かった)ため、Perlモジュールのホームディレクトリへのインストールを行ってみた。

参考にしたのはこのあたりのページ。
crawler.jp::blog - さくらインターネットのサーバ上の自分のホームディレクトリにCPANのモジュールをインストールする このエントリーをはてなブックマークに登録
wolog: CPANで自分のホームディレクトリ内にモジュールをインストール
Software Engineer Diary - レンタルサーバーにCPANモジュールインストール

基本的には最初のページを元に作業を実施したが、微妙に違うところもあった。

まず、サーバにシェルログインして以下のコマンドを実行。

%perl -MCPAN -e shell

その後いろいろ聞かれるが、Enterキーを押して基本的にデフォルト設定で続行。この辺、詳しくないので実は自信がなかったりするのだが。

   :
First, pick a nearby continent and country (you can pick several of
each, separated by spaces, or none if you just want to keep your
existing selections). Then, you will be presented with a list of URLs
of CPAN mirrors in the countries you selected, along with previously
selected URLs. Select some of those URLs, or just keep the old list.
Finally, you will be prompted for any extra URLs -- file:, ftp:, or
http: -- that host a CPAN mirror.

(1) Africa
(2) Asia
(3) Central America
(4) Europe
(5) North America
(6) Oceania
(7) South America
Select your continent (or several nearby continents) [] 2 ← 「Asia」の番号を指定
Sorry! since you don't have any existing picks, you must make a
geographic selection.

(1) China
(2) Hong Kong
(3) India
(4) Indonesia
(5) Iran
(6) Israel
(7) Japan
(8) Malaysia
(9) Philippines
(10) Republic of Korea
(11) Russian Federation
(12) Saudi Arabia
(13) Singapore
(14) Taiwan
(15) Thailand
(16) Turkey
Select your country (or several nearby countries) [] 7 ← 「Japan」の番号を指定
Sorry! since you don't have any existing picks, you must make a
geographic selection.

(1) ftp://ftp.dti.ad.jp/pub/lang/CPAN/
(2) ftp://ftp.jaist.ac.jp/pub/lang/perl/CPAN/
(3) ftp://ftp.kddilabs.jp/CPAN/
(4) ftp://ftp.nara.wide.ad.jp/pub/CPAN/
(5) ftp://ftp.ring.gr.jp/pub/lang/perl/CPAN/
(6) ftp://ftp.u-aizu.ac.jp/pub/CPAN
(7) ftp://ftp.yz.yamagata-u.ac.jp/pub/lang/cpan/
(8) http://ftp.cpan.jp/
Select as many URLs as you like (by number),
put them on one line, separated by blanks, e.g. '1 4 5' [] 1 4 5 ← 検索先のサイトを空白区切りで指定(好きなだけ)

以下が表示されればとりあえず初期設定終了。

commit: wrote /home/xxxxxxxxxxxxxx/.cpan/CPAN/MyConfig.pm ← 実際にはユーザのホームディレクトリが指定される
Terminal does not support AddHistory.

cpan shell -- CPAN exploration and modules installation (v1.7601)
ReadLine support available (try 'install Bundle::CPAN')

次にモジュールインストール先の設定。

cpan> o conf makepl_arg "LIB=~/perl/lib PREFIX=~/perl/lib INSTALLMAN1DIR=~/perl/man/man1 INSTALLMAN3DIR=~/perl/man/man3"
makepl_arg LIB=~/perl/lib PREFIX=~/perl/lib INSTALLMAN1DIR=~/perl/man/man1 INSTALLMAN3DIR=~/perl/man/man3

cpan> o conf commit /home/xxxxxxxxxxxxxx/.cpan/CPAN/MyConfig.pm
commit: wrote /home/xxxxxxxxxxxxxx/.cpan/CPAN/MyConfig.pm

上記で、installコマンドによるPerlモジュールのインストールが可能になる。
次に環境変数の設定を.cshrcに追加。

setenv PERL5LIB ~/perl/lib

これで完了のはずだが、上記まで実施してもCGIの動作は変わらないように見える(cgiの実行はcshr経由じゃないから当たり前な気もするけど)。
結局、以下のようにスクリプト内でモジュールの位置を指定するしかないのだろうか?

use lib "/home/~/perl/lib"

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://orima.jp/mt/mt-tb.cgi/3483

コメントする

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.0.3

このブログ記事について

このページは、orimaが2006年6月10日 18:38に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「何も信じられなくなりそう」です。

次のブログ記事は「会議は困った発言の宝庫?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。