「イノセンス」サウンドトラック

| コメント(0) | トラックバック(1)

B000197M56.09.MZZZZZZZ.jpgこのサウンドトラックは、一言で言うと「癖になりそうなサントラ」で、初めて一日に二回聞いてしまった。サントラというと、映画で使われたSE的な細切れな音の集まりだったりして、あまり気に入ったものがないのだが、めずらしく気に入った。

このサントラは以下の要素より構成されている。

  1. Instrument(いわゆるサントラ曲)
  2. オルゴールによる楽曲
  3. 伊藤君子さんによるボーカル曲
  4. 西田和枝社中によるコーラス曲

Instrumentの中では、やはり 煉獄(エトロフ)が迫力があっていい感じ。
THE DOLL HOUSE I/IIは、三協精機製のオルフェウス80弁による演奏を録音した後、音の揺らぎを求めて、大谷採掘場跡で再生したものを再録音したという手の掛かったもの。美しくも怪しい音が何とも言えずいい。ちなみに期間限定で、伊藤君子さんが歌う「 River of Crystals」を演奏するイノセンス・オリジナルオルゴール(劇中バージョン)を販売しているとのこと。個人的にはTHE DOLL HOUSEの方がいいように思うが、聞いても落ち着かないので駄目かも知れない。
伊藤君子さんが歌うFollow Meもいい。ただ、次の西田和枝社中のコーラスにやや迫力負けしているかも知れない。
西田和枝社中による、民謡女性歌手75人によるコーラスがド迫力の傀儡謡がすごくいい。ちょっとずつ構成が違う曲が3曲入っている。生で聞いたらものすごい迫力があると思うので、録音に立ち会った関係者がうらやましい。ちなみに、メインコーラス三人の録音には14時間かかり、音楽監督の川井さんが「明日にしましょうか」と言う声にも耳を貸さず、ほぼぶっ通しで歌い続けたそうだ。二回聞きたくなった理由は、もちろんこの傀儡謡を聞きたくなったという理由が大きい。

トラックバック(1)

トラックバックURL: http://orima.jp/mt/mt-tb.cgi/526

太妃糖憂鬱狂歡節│Carol's Carnival - 當我沉迷在似過去又似未來的都市裡 (2005年1月 6日 19:28)

去年11月時,我首次在大銀幕前見識到了押井守的魅力,INNOCENCE(中譯:攻殼機動隊2)。 劇中,華麗的景象,鮮明的色彩,細膩的描繪,迷幻的動畫,首先已讓人... 続きを読む

コメントする

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.0.3

このブログ記事について

このページは、orimaが2004年3月21日 22:05に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「いかりや長介さん死去」です。

次のブログ記事は「デジタルが映画作成手法を超越」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。