2003年11月アーカイブ

仕事上の作業管理システムに関して、xoopsが使えないか試してみようと思い、書籍を購入してPCにインストールを試みたのだが、一番簡単そうなMySQLインストールでなぜかはまってしまい、大苦戦。再インストールを繰り返し、3時間以上掛けて何とか入ったが、xoopsインストールでDBアクセスできずに挫折。
#MySQL用ODBCマネージャのインストール手順が抜けてる気がする。

がっくりしつつ、lolipopサーバにマニュアルだよりで入れてみたところ、30分くらいで済んでしまい、「今までの苦労は何だったんだ~」という感じ。お手軽にPCで済ませようとしたのによけいに手間がかかってしまった。

しかし、高機能なだけに使いこなすのが結構骨かもしれない。>xoops

MySQL化成功

| コメント(0) | トラックバック(0)

lolipopのMovableTypeのMySQL移行に従って作業した結果、どうにかDBをBerkeley DBからMySQLへ変更することができた。変更作業は大体順調に進んだが、以下の点に関して引っかかった。

  1. mt-db2sql.cgiの属性変更忘れ
  2. DB作成からアクセス可能になるまでのタイムラグ?

最初のものはマニュアルに書いてある手順を忘れたというありがちなミス。2番目のものは、mt-db2sql.cgiを実行した際にエラーが発生し、設定を調べても原因が分からず、しばらくしてから再実行すると成功した。現象から考えるとバックグラウンドのDB作成処理に時間が掛かったと考えられるが、本当のところはよく分からない。

ちなみに気になるRebuild速度は、さっきやった限りでは速くなったようには思えなかった。データが増えてくると変更したことが効いてくるのか、DBサーバが遅くてあまり効果がないのか、そのあたりは正直言ってよく分からない。後、mt-db2sql.cgiはDB変更後はいらないようなので、念のためサーバ上から削除しておいた。

情報収集衛星を載せたH2Aの打ち上げが失敗したとのこと。これにより、H2Aへの信頼感が更に失われたのは必至だろう。

このようなとき、ベテランが抜けてノウハウの継承が行われないとか、コストダウンの影響がよく言われるが、それだけではなく日本人自身の変質が原因としてあるのではないか。あくまで個人的な印象だが、細かなところに気づく、常に工夫すると言った部分が、日本人の気質として失われてきているように思える。

ThinkPad出荷2000万台を記念して1台のみの作成。ほぼ100%天然素材だったその最新モデルは発表後15分で消滅したそうです(笑)。お堅いイメージのIBMですが、以前もこのようなユニークな試みをやっていてたりします。

最近は多少景気が上向いてきているように思えるが、雇用の回復には至っていないらしく、うかつに転職しようと会社を辞めると、なかなか転職先が決まらず苦労するようだ。この記事を読むと、自分の転職時の記憶がよみがえってきて気が重くなる。

転職雑誌に載っている成功例を見ると、他人から見てわかりやすい強みがあり、ステップアップなどのしっかりした考えと、強い意志を持った人は成功しやすいようだ。また、いくら自分のスキルに自信があっても、それを他人にアピールできなかったり、転職市場が求めているニーズにその人のスキルや性格などがマッチしなかったりすると、うまくいかない。

僕自身の例で言うと、長年基本ソフトをやってきたことからスキルは認められたが、マネージャとしての能力や意志がないことから、年齢的に居場所がないという感じを受け、実際にそういわれた事もあった。また、後ろ向きな理由で会社を辞めてしまった事もあり、「入ってもすぐやめるんじゃないか」と思われた事もあった(当然の心配ではある)。

いずれにせよ、多少景気がよくなったからと言って簡単に会社を辞めたりせず、転職についてじっくりと考えて、上記の条件を満たしていない場合には、今の会社にいた方がいいだろう。

以前から話は出ていたが、ドコモの新たな迷惑メール対策が実施されるとのこと。開始時期は12月25日。

現在、imodeメールには、インターネット経由のメールをガードする機能はあったが、通信キャリアからのメールには事実上無防備だった。今回の機能により、通信キャリア単位でガードする事が可能となる。また、その通信キャリアからのメールのうち、特定のメールアドレスだけを指定して受信する事もできる。

気を付けなければならないのは、ガードした通信キャリアより特定のメールアドレスからのメールのみを受信している場合、相手がメールアドレスを変更すると受信できなくなる事だ。これは事前に変更後のアドレスを送ってもらうか、他にメールアドレスがあればそちらから新しいアドレスを送ってもらう事により対処できるだろう。

詳しくは、こちらを参照。

Rebuild障害5

| コメント(0) | トラックバック(0)

さっそく、Symantecの回答に従って調査してみた。その結果、広告ブロックを無効にすると、正常にRebuildできるようだ。さらに調べたところ、「広告ポップアップウィンドウ遮断を有効にする」のチェックボックスがチェックされていると、Rebuildできない事が分かった。このチェックボックスをはずしておく事により、Rebuild可能となる。

上記チェックボックスをはずすと、ポップアップ広告が表示されるようになると思われるが、これはRebuild時のみはずすか、Netscape7.1のようなポップアップガード機能付きブラウザ(次のIEもそうなるとか)を使用すればいいと思う。

上記方法は、投稿時の自動Rebuild、「サイトのRebuild」ボタンによる手動Rebuildのいずれにおいても有効である。動作を見る限り、Rebuild要求時のonload処理が上記機能に引っかかっているようだ。いずれにしても、やっと(Internet Securityをインストールした)ThinkPadから普通に投稿できる。

なお、Rebuild障害3で行ったreferer設定は無関係のため削除した。

Rebuild障害4

| コメント(0) | トラックバック(0)

Rebuildができない件、Symantecに質問していたのだが、先ほど回答メールが到着した。ただし、原因が判明したという内容ではなく調査方法の提示で、具体的に言うと、Norton Internet Securityの機能を一つずつはずしていってどれが原因か確認するという、トラブルシュートの定石に沿ったもの。

ちょっと手間は掛かるが、あちらにMT環境がなければ調べられないのは確かであり、かなり丁寧に回答を作ってきているので、印象はよい。時間が取れ次第テストしてみたい。

IP電話の安定性

| コメント(0) | トラックバック(0)

最近はやすいと言うことでIP電話に移行する人や企業が増えているようだが、コストだけで考えていいのかと、心配性な僕は考えてしまう。IP電話はその名の通りインターネット技術を利用した電話のことだが、インターネットは数多くの中継機器(ルータ等)を経由して信号が相手先に到達する。

ここで各中継器機は電気がなければ動作しないため、どこか一カ所でも停電などの障害が起これば通信することはできない。当然迂回路も整備されていると考えられるが、米国で発生した大停電のような事態になれば、迂回路も含めて止まってしまう。そこまで行かなくても、自分の家が停電しただけでもモデムやルータが動かなくなり、インターネット接続だけでなく、IP電話も使えなくなる。

もちろん現在のアナログ固定電話も交換機がストップしてしまえば終わりだが、交換機が設置されている場所にはインターネットのルータなどに比べて数が少なく、バックアップ電源なども設置されていると思われる(あまり自信はない)ため、より可用性は高いと考えられる。それに電話機は、電気が必要な便利な機能を除き、停電しても通話はできる。

ただアナログ電話回線も光化されるなど電気がなければ動かない方向に向かっているので、今後どのようになっていくかは分からないが。

フォーブス日本盤の中吊り広告に、「オンデマンド経営」について書いてあったが、これって気をつけないと、「行き当たりばったり経営」にないかねないななんて思った。しっかりした企業理念など持たない会社は、バブル期に株や土地を買いまくって大損した会社と同じ運命かも?

というか、その言葉の持つ本来の意味とかニュアンスを無視すると、単なる「言い訳」に成りかねないのではないかと思う。

今週はこのWeblogやら本職以外の仕事やらであまり練習できなかったのだが、その割にはいい感じだった。気を付けた点としては、前回指摘された給付で音をぶつ切りしない事と、八分音符を丁寧に弾く事の二点。

最近、何となく分かってきたのが、どうしてもうまくいかないときは構えや腕の位置などを変えた方がいいという事だ。どうがんばっても指が届かなかったりした場合、無理矢理できるようにすると言う努力では解決できない事が多い。むしろ、どうすればそれが楽にできるかというアプローチの方が、いい結果を生むように思う。

まだまだ構え方とか腕の角度やひねり具合がよろしくないので、それらの点について直していきたい。

山のような空

| コメント(0) | トラックバック(0)

帰り道、頭上の白い雲と前方の暗い夜空との間がくっきりと分かれていたのが、山の稜線のように見えた。空に輝く星は、山腹の家か何かの明かりに見えなくもない。

メールが抜ける

| コメント(0) | トラックバック(0)

@Niftyのフォーラムでも報告されていたのですが、SL-C760のメールソフトでメール受信を行った際、メールの抜けが生じる場合があります。発生する条件は分かりませんが、これが発生すると、メールサーバにそのメールが残っていても二度と受信する事ができなくなります。

かと思うと、受信済メールを再受信したりとよく分からない動作をするので、メールソフトを乗り換えたいところですが、これに関してはリプレースできるソフトは聞かないですね。困った物です。

テロを恐れるアメリカ政府は、ついにここまでするんですかね~ もうアメリカなんか行きたくない。
観光客が減るのは確実ですが、そこまで追いつめられているんでしょうね。

昨日はバイオリンの師匠がリーダーを務めるバンドの久々のライブ。当日は飛びに行くことを考えていたことから間に合うか不安で予約しなかったが、飛ぶ方が不発に終わったため、開場の19時より前に到着。しかしまだリハーサル中で入れず。

この記事のために久々にデジカメ使ったんですが、ホームページを作ったりしていなかったので、パソコンとの連携が非常に悪いことが判明。

デジカメのCFカードを読めるのはノートパソコンしかないのですが、画像処理ソフトはデスクトップにしかなく、しかもノートパソコンのフロッピィドライブは職場に置きっぱなしのため、データの受け渡しができず。デジカメのアクセサリがどこか行ってしまったため、データ転送用USBケーブルも見あたらず、大弱り。

やむなく、このWeblogを開設しているサーバにftpで送り、それを隣のデスクトップパソコンから受け取るなんて言うお馬鹿なことをしてしまいました。あまりにも効率が悪いので、何とかしたいところです。
#いっそのことデジカメごと買い換えるか?

今日は久々(半年ぶり?)に丹沢へ。三連休なせいかはたまた北東風が強いためか、人は少なく、風もやまないためしばらく様子見。風が落ちてきたところでパラ組5人ほどで菩提へ。STへ行くT橋さんを途中で降ろした後、菩提へ行くも北風が強くてしばし様子見。風情報ではやや弱まってきているようなのでだめもとで登り始めたが、第一休憩所に着くころには秦野盆地はすっかり曇ってしまい、山鳴りもやまないため様子見。結局、12時の声を聞いても晴れないため下山し、13時半頃解散となった。天気予報は快晴で、その通り晴れてくれさえすれば南風が入って飛べたと思うだけに残念。まあ、山登りのリハビリができただけでも来てよかったかも知れない。
20031123.jpg

Rebuild障害3

| コメント(0) | トラックバック(0)

Norton Internet Securityのパーソナルファイアウォール機能を無効にしてみたがやはりRebuildできない。また、この情報を基に設定変更しても変化なし。やはりザウルス併用必須か。

MTは楽しい

| コメント(0) | トラックバック(0)

なんだかんだ言って、Weblogを開設してから毎日書いていられるのは、今のところ書きたいことが尽きないことに加え、自分のつたない文章でもそれなりに見られる形にしてくれるMTのおかげだ。

まだその機能の一部しか使えていないけど、すごく使いやすいし、インタフェースがこなれているように思う。何よりブラウザベースでこれだけのことができるというのは、Web系の仕事をしているものにとって新鮮な驚きがあった。

自分でも何か作りたくなってしまう、そんな気にさせられた。

原発の経済性

| コメント(0) | トラックバック(0)

「原子力発電は経済的」と長年言われてきたが、僕自身はある疑いを抱いていた。それは発電後に発生した放射性廃棄物の処理にかかるコストが、原子力発電のコストに含まれていないのではないか、という疑念によるものだ。最近、問題の先送りが限界に来たのか、その手の記事を見るようになったが、それらを見るとやはり神話の一つだったと思い知らされる。

上記に加え、今後増えてくる、寿命の尽きた原子力発電所の解体費用も考えると、決して「経済的」とは言えないのではないか。

結局、「原子力は経済的」と言う言葉は、度重なる事故や不祥事で力を失った「原子力は絶対安全」と言う建前と同じく、原子力政策推進のスローガンの一つに過ぎなかったようだ。

ジャスダックのシステムが止まった件は、ディスクがパンクしたためとのこと。日頃サーバを直接さわる仕事をしているものには人ごととは思えない。しかし、テスト手順に、テスト終了後の不要データの削除を入れていれば防げていた気はする。

ふるさと

| コメント(0) | トラックバック(0)

一月ぶりに散髪に行った。地上げで引っ越す前から行っているなじみの理容店だが、景気悪化に伴う収益の悪化から少しずつ従業員が減ってきていて、今回は店長を入れて4人。数年前はその倍の人数でやっていたことを考えると、そろそろやばいかも知れない。

店を出てふと気になり、元自宅前へ。引越後、自分の頭の中にある通りのイメージが壊されるのが怖く、またそれを見れば悲しくなると思ったこともあり、理容店からほど近いその通りに足を運んだのは何年もたってからだ。久しぶりに通った元自宅前の道は思いの外暗く、狭く感じた。

大通りに出ると、遊び場にしていたデパートは潰れ、外資系証券会社のビルがオープン間近。都心に位置するこの町は、子供の頃から永遠に変わらないと思っていたが、バブル期とその崩壊後に大きく姿を変えた。

僕の感覚が変わったのと同様、この町も変わってしまった。

一部で報道されていたが、@NiftyがBlogサービスに参入することを正式発表したとのこと。MT開発企業が提供するASPサービスTypePadにさらに手を入れたサービスとなるらしいので、かなり強力なものになるかも知れない。

今までホームページすら持ったことがない僕がWeblogを始めた理由としては、以下のような事が挙げられる。

まず、純粋に技術的な面で興味を持ったこと。今までブラウザを使ったシステムに関して、イントラネットなどで使ってきているが、いまいち使いやすいものがなく、正直いいイメージがなかった。情報の多かったMTの人気が気になり色々調べたが、使ってみるのが一番分かることから、重い腰を上げる気になった。

次に、僕は色々考えたり思ったりしたことが、頭の中でもやもやしたままたまってしまうのだが、正直言って気持ち悪い。飛びに関しては、仲間内のMLで書くことにより考えが整理されたり固定化されることによってすっきりとし、もう一段先へ考えを進めることができる。しかし、それ以外の話題についてはコラムニストでもないものにとって書く機会がないため、どこかに書きたい気持ちがあった。

最後に、この一年間の精神的な不調を改善したいという思いがあった。最近、回りの状況や個人的な思いによって飛ぶことも少なくなり、MLにメールも書かないでいたら、精神的にどんどん内向きになって自分自身を支えられなくなりつつあった。振り返ってみると、自分に対して情報を入れるばかりで出力しない、入超の状況が原因の一つではないかと思い当たり、出力してみることにした。

ちなみに単なる日記でもいいように思えるが、記録手段を問わず絶対続かない自信があるため、一番お気楽に何でも書けるWeblogでとりあえずは行ってみようと思う。

人が乗れて二足歩行できる機械があれば便利だと思っていましたが、本当に作ってしまったんですね。
robot1.jpg
アイデアとしては新しくはないですが、これを元にすれば未来少年コナンに出てきたロボノイドができてしまいそうです。

Rebuild障害2

| コメント(0) | トラックバック(0)

何度やってもThinkPadでのRebuildができないため、Norton Internet Securityを無効にしてテスト実施。結果はやはりRebuildできず、正直お手上げ状態。今日もThinkPadでエントリ投稿後、ザウルスをネットに繋いでRebuild。ということで諦めていたが、ここを見るとやはりNorton Internet Securityが問題らしい。う~ん、明日(今日?)にでももう一回試してみるかなぁ。

空に冬の兆し

| コメント(0) | トラックバック(0)

帰宅途中、ふと空を見上げると、正面に今年初めて見るオリオン座が。最近、気温も下がってきたり、天気予報で筋状の雲も出ていたりと、冬になってきた感じがする今日この頃。また少し冬が近づいてきているのを感じた。

作業内容の管理

| コメント(0) | トラックバック(0)

今かかわっている仕事では、一つの大きな仕事にある程度の期間集中して行うのではなく、細かい作業に並行してかかわっていく形になっている。作業内容も障害解析からソフトウェア開発まで、バラエティに富んでおり、それぞれの作業期間が重なる事が多い。

同時に複数の作業をやっている事から、各作業間で関連する作業内容に注意したり、作業内容に漏れが生じないよう管理する必要があり、可能な限りのフォローを行っている。しかし、多忙な時期などでは、チェックが漏れたり、重要事項を忘れてしまうケースが極たまにだが発生してしまう。

上記の問題を解決するために、メールで作業に関する情報を関係者全員に送信したりしているのだが、基本的にメールは受信時期から経つにつれて注意を引かなくなったり、メール数の多さから注目度が下がりやすい問題があるため、情報共有のための仕組みが必要ではないかと、個人的に考えている。

カテゴリの階層化ができれば...で書いた事は、個人的な情報管理もそうだが、Weblogが上記のような情報共有に使えないかという思いから来ている。

Weblogの他にWikiあたりも考えてはいるが、編集の自由度の高さからかえって使いづらいのではないかとも思われ、もう少し強力な機能を持つと思われるXOOPS等のコンテンツ管理サーバまで考える必要があるかもしれない。

なお、新たに専用のシステムを作る事は、現案件の作業ボリュームから考えて得策とは思えない。

エントリ作成時に別のエントリを参照する場合、同じページに見えているエントリに対して、「三つ下のエントリ」と言った形で参照を行うことは意味がない。「三つ下のエントリ」と今作成しているエントリとでカテゴリが異なる場合、カテゴリ単位でエントリを参照すると、「三つ下のエントリ」は元々参照しようとしていたものとは異なるからだ。

同じような話は、1日単位で参照したりしても発生する。参照先のエントリと同じ日でなければ、そのような相対的な参照の仕方は意味を持たない。そもそもMTでは一つのエントリだけを表示することも可能であるため、参照を行う場合はそのエントリのparmalink(各1エントリに対応したHTMLファイルのURL)への直接リンクもしくはトラックバックによる方法しかないと考えられる。

つまり、MTにおいては、各エントリはバラバラに存在しており、ある視点(月単位、カテゴリ単位等)で同じページに見えるエントリ間でも連続していることを当てにすることはできない。

MTベースのWeblogは、一見静的なHTMLファイルの集合に見えるが、エントリのデータ自体はDBに格納されており、HTMLファイルはRebuild時に作り直される形であるため、実はDBから動的にページ生成を行うシステムに近い。

編集画面でボタンが出ない理由は、この機能をIEでのみ有効なselectionオブジェクトにより実現しているためのようだ。以下はbm_entry.tmplの抜粋だが、documentオブジェクトにselectionが存在しない、つまりIE以外のブラウザでは、ボタン自体を表示しない処理となっている。


<script language="javascript">
if (document.selection) {
  ボタン出力用JavaScript記述
} else {
  document.write(' ');
}
</script>

IE固有機能のため他のブラウザではどうしようもないが、便利な機能だけに残念。

Zaurus SL-6000発表

| コメント(0) | トラックバック(0)

先日新型ザウルスSL-C860を発表したばかりのシャープが、企業向けの新型ザウルスSL-6000を発表しました(ケータイWatch/MYCOM PCWEB/ZDNet Mobile)。
sl6000.gif
SL-C860は今使っているSL-C760との機能差が少なく、正直「SL-C770」じゃないのかという気がして全く買い換える気にはならなかったんですよね。個人的に見るべき点としては、「英日・日英翻訳ソフト搭載」と「通信サービス対応」があるものの、どちらも特に必要としていないので。

一方、SL-6000は、半透過型縦型VGA液晶と堅牢な筐体に惹かれますね。特に液晶に関しては、以前使っていたMI-L1の反射型液晶が日差しが強いときに見やすかったので、それプラス暗いときでも使える半透過型液晶っていうのは魅力的です。SL-C760はACアダプタ繋いでいるときは明るくて非常に見やすいんですが、バッテリ駆動時は日差しに負けがちです。

まあバックライト明るくすればいいんですが、何となくバッテリが不安で今まで試したことがありません。ただ、2,3日前に電車内でSL-C760(?)を使っていた女性はバックライトをかなり明るくしていたので、バッテリは一日持てばいいと割り切ればいいのかも?

自分では多分買わない(企業向けだから買えない?)と思いますが気になりますね~

先日、出勤途中の電車内で、Zaurus SL-C760(?)を使っている女性を見かけました。ViewスタイルでメールかWebなど横書きの文章を読んでいたようです。僕は皮ケースを付けてから使いにくくなったこともあって、Viewスタイルを使っていなかったのですが、つり革捕まりながらだと片手で操作できるのでりいいですね。皮ケースはずしちゃおうかな。

ちなみにその人が使っているザウルスは、液晶の回りが白く見えたので最初はSL-C760かと思いましたが、裏蓋は黒かったので、SL-C750に大容量バッテリを付けているのかも知れません。

エントリ以外の更新がわかりにくいので、ここを参考に最近のコメントとトラックバックが出るように変更してみた。トラックバックに関してはまだテストをやってないので表示されていないが、これからも少しずつ手を入れていきたい。

今日の通勤途中、何かをあごに押し当てながら自転車こいでいる人がいて、何しているのかと思ったら、電気カミソリで髭を剃っていたのでした。急いでいたんでしょうけど、ヒゲソリに夢中であまり前を見ていない感じで、ちょっとこわかったです。

予想していたとおり、auが迷惑メール対策を強化したためか、Vodafone(J-Phone)からも携帯に迷惑メールが来るようになりました。結局、すべての携帯電話会社が同じように対策を強化しないと、対策が弱いところに移っていくんですよね。このあたりは、ウィルス対策や防犯対策と同じ事で、根っこの部分は共通しています。
同様に対策が弱そうなところはDDI pocketで、こちらからもたまに来ています。

今の世の中、便利な機能は必ず副作用を持つため、提供者及び設計者はそのあたりまで考えて提供して欲しいです。
#個人的には便利な機能に対して脊髄反射のように副作用を連想できてしまうので、よけいにそう思ってしまう。

自転車や車の運転中に携帯使っている人は珍しくないですが、電車の運転手はまずいでしょう。今の世の中、状況によらずに携帯を使う人が多いですが、やはりどこかで線引きが必要な気がします。

MTはエントリにカテゴリを割り当てる機能があり、これは関連するエントリを管理する上で便利なのは確かである。ただ個人的にはカテゴリを階層化する機能があればもっと便利だと思う。たとえば、楽器が趣味でたくさんの楽器を演奏する人は、「楽器」というカテゴリの下に、「ギター」とか「ウクレレ」などのサブカテゴリを設けることで、エントリの整理がより便利になる。

現在のMTでも、副カテゴリを設けることで同じようなことはできるが、全てのカテゴリが同レベルにあることに変わりはなく、際限なくカテゴリが増えてしまう。カテゴリが増えてくるとと、インデックスページのカテゴリ表示が見苦しいだけでなく、エントリを作成する際にセレクタが長くなって美しくない。

もちろん、今のカテゴリ管理方法にもメリットはあり、たとえばドライブでよく聴く音楽について書いた際、「車」と「音楽」の両方のカテゴリに入れることにより、両方から同じエントリを見ることが可能となる。

現在の方法を残したまま、改組かカテゴリを実現できればベストかも知れない。
#管理や使い方が難しいかも知れないが。

運転中の携帯電話の使用に対する取り締まりが厳しくなるらしい。飛びに行ったりする時は、エリアまで移動しながら連絡を取り合うことが多いけど、これからはどうしよう? hand's free(スペル自信なし)セットを付ければいいのかな。
個人的にはカーナビの見過ぎでヒヤリとしたことはあるけど、携帯では今のところは無いんだけどな~(運がいいだけ?)

書籍に出てくるエントリ編集画面には、入力フォーム右上に四つのボタンが並んでいるのだが、これまで一度も見たことがなかった。
4editbutton.jpg

MTのバージョンが古いわけでもないので不思議に思っていたのだが、これらのボタンはどうやらIEでしか出ないようだ。いつも使っているNetscape7.1やザウルスのNetFrontでは駄目らしい。「URL」ボタンだけでも使えると便利なんだけど、何とかならないのかな。
ボタンのgifファイルを頼りに調べたところ、bm_entry.tmplとedit_entry.tmplが編集画面らしいので、時間ができたら調べてみよう。
#JavaScriptのdocument.write()でボタンのHTMLを生成しているみたい。

Rebuild障害

| コメント(2) | トラックバック(0)

仕事で使っているThinkPadからRebuildできないのはなぜなんだろう?

10回くらいやって、一度もできないのが不思議。ザウルスでもできるのに、パソコンでできない理由が分からない。現象としては、「サイトのRebuild」ボタンの押下等で表示された小ウィンドウでRebuildを実行すると、再構築中の表示のまま止まってしまう感じ。自宅のパソコンとOS/ブラウザとも同じなのでできない理由はないはず。
ただしRebuildはできなくてもDBへの格納はできるのでエントリの投稿は可能。
#エントリの投稿でもRebuildされないようだ。

ちなみにコメントを付けるとRebuildされるため、エントリ投稿後、トップに表示されているエントリのどれかにコメントを付ければ、ページに反映される。しかしこんな使い方してらんないなぁ。

アスペクト指向プログラミング(AOP)というものが、OOPの次の流行らしいです。
まだあまり理解できていませんが、プログラムに共通の機能を持たせたり、同じ振る舞いをさせることが、容易にできるようになる模様。
Java開発強化で「AOP」に賭けるIBMとJBoss
アスペクト指向プログラミングを後押しする要因とは?

進化した魚

| コメント(2) | トラックバック(0)

酸性の水でも生きられるウグイが見つかったそうです。
からだが酸性水でも大丈夫なように進化しているようですが、体内でもアンモニアを生成しているのには驚き。おかげで外敵から食べられる事もないそうですが、こんな魚ばかりになったら日本人は困ってしまいそう(苦笑)。

会社から義務づけられているe-Lerningがつまらなすぎる~
まるで大学の時に他に取るのが無くてやむなく履修した、一般教養の法学のよう。あれは、法解釈に全く興味を持てず、理屈こねているだけに思えた。

20日までの期限が付いているし、他にも二つばかし本業以外に仕事を抱えているからさっさと済まさないとならないのは分かっているんだけど、ついWebサーフィン(死語?)とか他のことに逃げてしまう。
明日からがんばらないと。

ちなみに、このエントリから名前を本名にしたつもりだけど、変わるかな?

昨晩、初めて投稿(?)してみたけど、どうも文章が堅すぎる気がする。
しばらくは、試行錯誤が必要かも。

ちなみにこれは、通勤中にザウルスで執筆。

設置完了

| コメント(2)

とりあえずWeblog設置完了。
しかし、プロバイダ契約作業開始から1時間半で設置できてしまうとは、恐ろしい簡単さ。>MT

もっとも、多くの先人達の努力(日本語化パッチ等やインストールドキュメント)がなければ、ここまで簡単に設置できなかったのも確かであり、感謝したい。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.0.3

このアーカイブについて

このページには、2003年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2003年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。